アンデス高地がヤーコンの発祥地

ポリフェノールとヤーコンのオリゴ糖

ヤーコンとは1980年代の国連長寿者統計で世界三大長寿の秘境の一つに選ばれたアンデス高地、エクアドル南部のペルー国境近くにあるビルカバンバ村を発祥の地とする健康食品です。

近年になって特にヤーコンが体に良い野菜であるということが世界で知られるようになったことで、急に脚光を浴びてきているようです。

ヤーコンの発祥地の自然環境

ヤーコンの発祥地であるアンデス高地、ビルカバンバ村はビルカバンバ、マラカトス、ヤンガナの部落で形成されています。

アンデス高地は果実をはじめとする食品が豊富で、アンデス高地より生まれた食品が日本にも伝わっています。ヤーコンの他、ジャガイモやナスビやトマトもこの地方から生まれたそうです。

ヤーコンの発祥地の生活環境

ヤーコンの発祥地・アンデス高地近辺は全般的に高地山岳性気象環境で、作物の生育に適し、太陽光線、温度、雨量に恵まれた理想的な楽園です。

ビルカバンバ村は多彩で豊富な食物栽培、動物飼育に適している環境と地形など、自らの文化を大切にする習慣は本当にすばらしいの一語に尽きます。

ヤーコンの発祥地の長寿の秘訣

ヤーコンの発祥地・ビルカバンバ村の生活環境は一日のカロリー摂取量が1200〜1900kcalで、比較的バラエティーな野菜や果物を多く食べる食習慣(ビタミン摂取)となっています。

また豊富な運動量と合わせて、健康で長生きできる環境が自然生活に存在していることが、長寿の秘訣と言えそうです。

アンデスはヤーコンの発祥地